元・テレビ報道マンの成城・就活塾(テレビ放送局の面接対策、一般企業)

放送局の面接を、新卒・中途採用など3度突破。U局・JNN系・FNN系・NNN系など、ほとんど経験した、元・放送記者がノウハウを伝授。業界の裏表、ブラック放送局・企業の見分け方も、本音で暴露。(テレビ東京系のみ、わかりません。)【個別対応のため、一定人数で、予告なく受付を終了する場合があります。】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

元本確保型ファンドの特徴

「元本確保型ファンドの特徴」

◇元本確保型ファンドとは・・・

元本確保型ファンドは、欧米の有力銀行などが、ファンド償還時に当初元本の100%を保証する、などのタイプです。
英国系商社ファンドの場合は、償還は10数年先に設定されることが多いです。
この償還は、最終償還であり、これに先立って解約することも自由ですが、当初数年間は、数パーセントの解約手数料が必要です。
また、欧米の金融機関が元本を保証するのは、償還時であり、途中の時期には、保証がなされていません。

つまり、英国系商社ファンドの例では、10数年先の償還時には、欧米の金融機関が当初元本を保証しているということです。
(ドルや、ユーロなど、投資通貨での保証です。)
もちろん、元本を確保しながら、運用がなされていますので、償還時の元本を確保しながら、リターンを狙うというスタイルです。

20070902205257.jpg


◇運用ニーズは・・・

元本確保型ファンドは、投資資金の100%をアクティブに運用するわけではなく、償還時の元本確保のために備える部分もありますから、同じ運用手法で、元本確保がないファンドに比べますと、パフォーマンスがやや低めに出る傾向があります。

この点を批判する意見も目にするのですが、これは投資家の立場によって、メリットは異なるということです。

元本確保がなくても、「海外投資は平気!」という方には、元本確保がないファンドが向いているでしょうし、「海外投資で元本が減るのは困る!」という方には、元本確保型が向いているということになります。

ここでの元本確保というのは、ドルやユーロ建てです。円ベースでは、為替レートによって円高で減少、円安で増加することになります。

元本確保型ファンドに強いニーズをもっていらっしゃる方は、日本の財政破綻に備えて海外に資産を出したいが、よくわからないファンドでリターンがマイナスになるのも困る、という考えの方が多いです。

◇注意点は・・・

英国系商社ファンドの元本確保型タイプは、1年間に3回から4回程度、募集情報がでていますので、この募集時期ではないと、エントリーできないという点があります。

募集期間は、1ヶ月前後のことが多いですので、ときどき問い合わせをされますと、問題ないでしょう。

また、ときどき、英国系商社ファンド以外で、元本確保の期間が非常に短いものがみられます。
数年後の元本を確保する、つまり償還が早いのですが、こうしたファンドには注意が必要です。

どういうことかと言いますと、償還まで10数年ありますと、投資資金のうちから、元本確保向けに配分した資金が、長い年月で増加し、当初の元本分を確保するように育つわけですが、償還までが短い場合、不自然な投資基金の配分となります。
例えば、大部分を元本確保のために温存しなければならない一方で、少ない資金を極めて大きなハイリスク・ハイリターンに晒しますので、結局ハイリスク・ハイリターン部分が失われて、数年後に元本が戻るだけ、ということがありがちです。

元本確保といえども、目的は資産運用ですから、資産運用がなされなければ、意味を持ちません。

そのためには、償還時までの期間が長いものの方が、自然体であり、元本の確保と、運用収益の両方を狙える可能性がある、ということになります。


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料

ブログ「堅実な投資」

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド購入情報の無料サポート(ご相談無料東京・二子玉川のFP会社

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                       (海外ヘッジファンド購入情報の無料サポート)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーサイト
[ 2009/08/16 08:49 ] マネー | TB(-) | CM(-)
成城・就活塾とは・・・

放送局を新卒・中途採用など、3度合格した元・記者。

           

放送局受験や一般企業の採用試験の実用ノウハウを、アドバイス。

シンプル 2時間5000円。

詳細はこちら(特定商取引法の表示・個人情報保護指針を含む)

ブラック度は、どう判定?

東京・大阪・九州は、特に詳しいのですが、・・・

続きは、こちら

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。