元・テレビ報道マンの成城・就活塾(テレビ放送局の面接対策、一般企業)

放送局の面接を、新卒・中途採用など3度突破。U局・JNN系・FNN系・NNN系など、ほとんど経験した、元・放送記者がノウハウを伝授。業界の裏表、ブラック放送局・企業の見分け方も、本音で暴露。(テレビ東京系のみ、わかりません。)【個別対応のため、一定人数で、予告なく受付を終了する場合があります。】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本でのヘッジファンド規制の実際

「日本でのヘッジファンド規制の実際」
(情報提供:無料サポートのFP会社 にこたま投資コンシェルジュ

◇情報不足の原因は・・・

銀行や証券会社では、本物のマザーファンドの、海外ヘッジファンドを購入することはできませんし、こうしたヘッジファンドに関する情報が、一般の方に流れることも、ほとんどありません。
(ベビーファンドとわれる、ヘッジファンドに再投資するタイプのファンドは、証券会社などにみられます。)
海外ヘッジファンドが金融庁の認可商品ではないためです。

20070726135850.jpg

◇情報獲得にはアクションが必要

このため、ヘッジファンドについては、勧誘されたり、パンフレットがもらえたり、ということは、日本国内ではありません。

日本国内での勧誘は禁止ですから、自分から購入サポート会社などに問い合わせる必要があるのです。

このため、じっとしていて、勧誘されるとか、教えてもらえるということは、ありません。

◇実はシンプルな購入方法

購入方法は、シンプルです。ファンド会社の申込書に記入し、海外送金を行うというものです。

ただ、申込書は、国内の金融商品のパンフレットのように広く配布されておらず、購入意思がある方だけに、用意されます。

また、ファンドのプレゼンテーション資料などが、広く配布されることもありません。

金融庁の認可商品ではないため、たとえ海外では一流であっても、日本国内では、一切勧誘などがNGなのです。

◇直接購入は禁止されていない

ヘッジファンドを直接購入することは、禁止されておらず、海外製品の“個人輸入”のような感じで行われています。

こうした“個人輸入”のサポートを無料でも受けることができます。

こうした状況は、勧誘行為と購入サポートの境目をどこに置くかという面で、非常に微妙ですので、勧誘資料が広く配布されることは当然ないのです。

◇日本で、海外からの直接購入が可能なファンドは・・・

これは、購入サポート会社にもよりますが、100種類ぐらいのヘッジファンドが可能であることが多いです。

M社、Q社、C社、P社、T社、A社など様々ですが、FRBの金融政策(金利の水準)により、ファンドのリスクは影響を受けます。

つまり、状況により、同じファンドでもリスクは変化しています。

◇誤解が多い保有方式

誤解が多いのですが、ヘッジファンドの保有は、保有者とファンド会社の間に、何ら途中に介在しない直接保有が原則です。

証券会社のように、預かるというものではないのです。

直接保有を、サポート会社がサポートするという方式です。

◇日本でのヘッジファンド規制の実際

購入サイドからの実際の状況をこれまで書きましたが、総合しますと、日本でも、直接保有することはできるものの、勧誘やパンフレットの配布は規制に抵触するため、自分からアクセスしなければ、情報を得たりするのは難しいということです。




☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料

ブログ「堅実な投資」

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド購入情報の無料サポート(ご相談無料東京・二子玉川のFP会社

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                       (海外ヘッジファンド購入情報の無料サポート)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーサイト
[ 2009/08/16 08:51 ] マネー | TB(-) | CM(-)
成城・就活塾とは・・・

放送局を新卒・中途採用など、3度合格した元・記者。

           

放送局受験や一般企業の採用試験の実用ノウハウを、アドバイス。

シンプル 2時間5000円。

詳細はこちら(特定商取引法の表示・個人情報保護指針を含む)

ブラック度は、どう判定?

東京・大阪・九州は、特に詳しいのですが、・・・

続きは、こちら

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。