元・テレビ報道マンの成城・就活塾(テレビ放送局の面接対策、一般企業)

放送局の面接を、新卒・中途採用など3度突破。U局・JNN系・FNN系・NNN系など、ほとんど経験した、元・放送記者がノウハウを伝授。業界の裏表、ブラック放送局・企業の見分け方も、本音で暴露。(テレビ東京系のみ、わかりません。)【個別対応のため、一定人数で、予告なく受付を終了する場合があります。】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘッジファンドの購入は、種類の多さに惑わされずに

◇ヘッジファンド購入は、種類の多さに惑わされずに・・

ヘッジファンドの購入に関しましては、よく英国系商社ファンドとクアドリガだけでは・・・という話があるのですが、この話には、かなり注意が必要です。

英国系商社ファンドやクアドリガよりも、パフォーマンスがしっかりしていて、リスクも限定されたものであれば、購入するべきでしょうが、大体において、このような話のあとにでてくるヘッジファンドは、新興国系のものや、不動産系のものです。

また、様々な手法を組み合わせたハイブリッド型や、ファンドオブファンズもみられますが、パフォーマンスをよく検証しますと、年平均が低かったりするのです。

ヘッジファンドの購入の場合は、宝石商の宝石売りではありませんので、種類の多さに目がくらんだりして、冷静な検証が損なわれないように、特に注意が必要です。

種類がいくら多くても、しっかりしたものは限られますから、ヘッジファンドの購入は、宝石の購入とは違う、ということを肝に命じましょう。

☆欧米系ヘッジファンド購入の無料サポート(ご相談無料)東京・二子玉川のFP会社

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                       (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

スポンサーサイト
[ 2007/02/22 17:29 ] マネー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

成城・就活塾とは・・・

放送局を新卒・中途採用など、3度合格した元・記者。

           

放送局受験や一般企業の採用試験の実用ノウハウを、アドバイス。

シンプル 2時間5000円。

詳細はこちら(特定商取引法の表示・個人情報保護指針を含む)

ブラック度は、どう判定?

東京・大阪・九州は、特に詳しいのですが、・・・

続きは、こちら

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。