元・テレビ報道マンの成城・就活塾(テレビ放送局の面接対策、一般企業)

放送局の面接を、新卒・中途採用など3度突破。U局・JNN系・FNN系・NNN系など、ほとんど経験した、元・放送記者がノウハウを伝授。業界の裏表、ブラック放送局・企業の見分け方も、本音で暴露。(テレビ東京系のみ、わかりません。)【個別対応のため、一定人数で、予告なく受付を終了する場合があります。】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニュース原稿の書き方

私は、テレビ局の人間としては珍しく、19年近くニュース原稿を書いてきたのですが(→ほとんどの場合、人事異動で報道から別の部署にいったりします)、なかなか奥が深いのは、いかに視聴者にイメージを伝えながら、話を単純化するか、という点です。

だいたい、1本50秒とか、1分ですから、その長さに収める必要があります。

かといって、単純化ばかりに重点を置くと、切れのないニュースになってしまいます。
ここぞ、というポイントに重点を置いて、あとは思い切って単純化する、というスキルが必要です。

この点は、日テレ系が、系列としては、よくできていると思います。

フジ系列でも、優秀な方は、いますが。

TBS系は、特ダネを重視する考えもあって、原稿のフォーマットは、それほど気にされていない印象です。ただし、ローカル局でも、海外特派員を担当している局があり、特派員経験者の原稿は、こなれていますね。

最近は、覚えの早い報道部員もいるようですが、普通にニュース原稿が書けるには、やはり3年程度は、かかるのではないでしょうか。


本音と現場感覚の「成城・就活塾」
シンプル 2時間5000円(スポット利用可、入会金など一切不要)
⇒ご利用方法


(ほかの記事)
・記者の仕事は、24時間?
・エリアで違う!タクシー取材と自分で運転取材
・ニュース原稿の書き方
・「カメラ映りがいい」とは

・面接で困る質問は・・・
・履歴書の写真は重要、1ヶ月前に
・就職活動の旅費の備えは、十分に
・職務経歴書・学生時代にしたこと
・就職とコネ、本当のところは・・・


→成城・就活塾とは・・・
スポンサーサイト
[ 2014/01/28 19:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

成城・就活塾とは・・・

放送局を新卒・中途採用など、3度合格した元・記者。

           

放送局受験や一般企業の採用試験の実用ノウハウを、アドバイス。

シンプル 2時間5000円。

詳細はこちら(特定商取引法の表示・個人情報保護指針を含む)

ブラック度は、どう判定?

東京・大阪・九州は、特に詳しいのですが、・・・

続きは、こちら

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。