元・テレビ報道マンの成城・就活塾(テレビ放送局の面接対策、一般企業)

放送局の面接を、新卒・中途採用など3度突破。U局・JNN系・FNN系・NNN系など、ほとんど経験した、元・放送記者がノウハウを伝授。業界の裏表、ブラック放送局・企業の見分け方も、本音で暴露。(テレビ東京系のみ、わかりません。)【個別対応のため、一定人数で、予告なく受付を終了する場合があります。】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2008年の世界経済は・・・

「2008年の経済展望」

◇世界経済は・・・

2007年後半に、経済状況の転換が明らかになりましたが、2008年も、引き続き金融機関の信用収縮、資本増強の必要性が、繰り返し出てくると思われます。(特に2008年前半)

サブプライム関連の金融商品を保有している金融機関は、その保有分のほとんどが無価値に近くなるため、損失がでます。そして、自己資本比率を保つ必要性から、融資を抑制し、マネーの供給がうまくゆかなくなります。
かつて、日本でも不動産バブル崩壊で、追い詰められた金融機関が、貸し渋りに走りましたが、それに似たような現象が、起きそうです。

また、世界経済は、基本的にはアメリカ経済が中心ですから、新興国にもタイムラグを置いて影響が出てくるはずです。
欧米経済がダメージを受けても、新興国は関係ない、ということにはならないと思います。

一方で、FRBやECB、日銀などの中央銀行が、流動性を金融市場に供給していますから、いずれこうしたマネーの動きが、NY株式市場などに波及し、2008年後半は、「米国大統領選挙は上昇相場」というセオリーに沿った動きも、NY市場ではみられるのではないかとみています。

過去メルマガ・タイトル
「FRBとヘッジファンドの選択」2006年12月16日
「FRBの金融政策とヘッジファンドの選択」2007年2月10日
「FRBの金融政策とヘッジファンド投資」2007年8月18日


◇為替レート

ゴールドマンサックスが、2008年について、ユーロ高の是正とドル高を予想していますが、基本的に同じ認識です。
NYの金融機関が、大挙してパリやロンドンに移転するような事態となれば、それこそアメリカ没落ですが、現在のところ、NYは世界金融界のトップの地位を持続しています。
このため、一時的な円高などは別としまして、極端なドル暴落状態が、長期にわたって継続するとはみていません。

ドルが大きく下げたとしましても、1ヶ月とか数ヶ月の間となり、ヘッジファンドなどで数年間以上の期間の投資をする場合は、あまり影響しないと考えています。
ただ、短期的にドルが下がる場合、10円、20円幅は過去にもありますので、FX投資などの場合は、レバレッジを2倍・3倍ぐらいに下げておくのが得策です。

ヘッジファンド投資に関する為替の考え方は、以前と同じで、ドル・ユーロ半々で保有することが一番無難な選択です。
ドルとユーロは、相反して動くことが多いですから、両方を持ちますと、全体としては、あまり為替の心配をしなくて済むとみています。


in picture 050


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
お気軽にご相談下さい。
  日本FP協会会員  東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


★まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバータイトル

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

スポンサーサイト
[ 2007/12/29 20:41 ] マネー | TB(0) | CM(0)

バフェット氏が金融保証会社

「著名投資家、バフェット氏が金融保証会社設立へ」

ウォールストリートジャーナルが伝えたところによりますと、米国の著名投資家のバフェット氏が、地方債を対象とした金融保証会社を設立へ。

サブプライムの混乱をよそに、しっかり利益が見込める事業を計画しているということです。

サブプライム問題では、ゴールドマンサックスが大儲けしたことが話題になりましたが、実力のあるプレーヤーは、多くの人が慌てふためいている中で、しっかり状況を見据えてチャンスを狙っているということです。

ヘッジファンドの世界では、英国系商社ファンドの旗艦ファンドが、2007年11月末現在で、カレンダーイヤーで2割を超える実績をだしており、多くの人がヘッジファンドといえば、サブプライムで破綻するものと短絡的に考える中で、実は違うということを示しています。


in picture 026


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/12/28 18:13 ] マネー | TB(0) | CM(0)

2011年度のプライマリーバランス、楽観せず

「2011年度のプライマリーバランス(基礎的財政収支)問題」

日本の財政の現状が危惧されていますが、財務省の津田財務次官は、27日、2011年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化について、「楽観できるものではない。」と定例会見でコメント。(=ロイター通信)

基礎的財政収支を2011年度に均衡させることは、政府の目標ですが、私は、これはたぶん無理だとみています。

財政の状況につきましては、財務省の公式HPで詳細に知ることができます。


in picture 036


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/12/28 11:24 ] マネー | TB(0) | CM(0)

住宅ローン担保証券、07年は22%減

「2007年の世界の住宅ローン担保証券発行額」

ロイター通信によりますと、調査会社ディーロジックがまとめた世界の住宅ローン担保証券の発行額は、2007年は前年比22%減少して9880億ドルに。
特に下半期は、前年同期比64%の減少。

サブプライムローンに端を発した信用収縮は、大きなものとなっています。

こうした中、経済クラッシュに強い実績をもつヘッジファンドは、2007年10月時点の実績がでていますが、堅調。
ヘッジファンドと一言でいいましても、実は運用手法は様々で、景気が悪くなったり、経済クラッシュが起きた年に、過去も上昇した実績のものがあります。

報道一般論に踊らされず、こういう時にこそ、大勢とは別の、しっかりした投資の選択をしたいところです。


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/12/27 10:29 ] マネー | TB(0) | CM(0)

日本の1人当たりGDPが18位に

日本の国力衰退は、残念ながら止まりません。

時事通信によりますと、内閣府がまとめた2006年度の日本の国民1人当たりのGDPは、世界で18位に後退。2005年度は15位、1993年は、最高の2位でした。


in picture 036


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
  ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
  ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
  日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
  メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
  NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
  ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
  東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
  世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
  元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
  お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


★まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/12/26 20:30 ] マネー | TB(0) | CM(0)

日銀、金融機関の損失把握に時間

「日銀、金融機関の損失把握に時間」

日銀は、11月12日・13日の金融政策決定会合の議事録を公表しましたが、サブプライム関連の金融機関の損失把握について、時間がかかるという議論を行っています。

日本の銀行でも、かなり持っているところはありますから、今後損失が表面化する可能性があります。


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
  ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
  ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
  日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
  メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
  NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
  ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
  東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
  世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
  元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
  お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


★まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/12/26 10:25 ] マネー | TB(0) | CM(0)

日銀が市場に資金供給

「日銀が市場に資金供給」

ロイター通信によりますと、12月25日、日銀は8000億円の国債現先買いオペと、3000億円の国債買い切りオペを、9時から10時台にかけて通告。

政策金利が、誘導目標の0.5%を超えて0.515%前後まで上昇したためで、これを冷やそう(国債を買って、その購入資金を市場に供給する動き)というものです。

欧米で顕著だった金融機関の資金調達を急ぐ動きが、日本でも同様の傾向がやや出ているようです。



☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
  ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
  ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
  日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
  メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
  NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
  ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
  東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
  世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
  元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
  お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


★まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/12/25 10:40 ] マネー | TB(0) | CM(0)

ヘッジファンドの運用規模とパフォーマンス

「ヘッジファンドの運用規模とパフォーマンス」

よく、「ヘッジファンドの運用規模が大きくなると、パフォーマンスが上がりにくくなる」という話をききますが、これはあまり根拠がありません。

例えば、100万円を運用する人と、1億円を運用する人で、どちらがパフォーマンスが良いかは、運用能力によりますので、運用金額では決められません。
100万円の人の方がパフォーマンスが高い場合もありますし、1億円の人の方がパフォーマンスが高い場合もあります。

2005年11月末のMAR HEDGE RANKINGの例でみますと、直近5年間のパフォーマンストップ10位の単体ヘッジファンド運用総額は、以下の通りです。

1位 3.58億ドル  2位 3.71億ドル  3位 40.10億ドル  4位 3.39億ドル
5位 1.51億ドル  6位 1.54億ドル  7位 21.25億ドル  8位 11.17億ドル
9位 1.04億ドル  10位 1.68億ドル

これをみてわかりますように、3位、7位、8位のファンドと、運用総額が1億ドルぐらいのファンドは、規模が10倍、あるいはそれ以上違うわけですが、パフォーマンスランキングには、同じようにランクインしているわけで、運用パフォーマンスの良し悪しは、ファンドの運用能力次第ということがよくわかると思います。

まして、この運用総額の数字は、単体のファンドですので、これら単体のヘッジファンドをいくつも持つヘッジファンド会社全体の運用規模の大小で、パフォーマンスの傾向を想像する(規模の大きなヘッジファンドを避ける)のは、意味がないことに気付くと思います。

つまり、運用規模の大小でファンドを選択する(小さいものを選ぶ)というのは、意味がなく、ファンドの運用能力の良し悪しで、ヘッジファンドの選択を行うというスタンスをとるべきです。小さいから良いということもなく、逆に大きいから良いということもないわけです。


in picture 012


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
  ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
  ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
  日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
  メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
  NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
  ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
  東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
  世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
  元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
  お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


★まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ




[ 2007/12/24 23:27 ] マネー | TB(0) | CM(0)

ゴールドマンは、景気減速と指摘

「ゴールドマンサックス、アビー・コーエン氏」

ゴールドマンサックスのチーフストラテジスト、アビー・コーエン氏は、南ドイツ新聞のインタビューで、景気後退ではなく、景気減速の可能性が高いと指摘。

2008年末のNYダウは、1万4750ドルと予測。


in picture 026


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
  ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
  ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
  日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
  メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
  NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
  ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
  東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
  世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
  元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
  お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


★まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


[ 2007/12/23 20:39 ] マネー | TB(0) | CM(0)

メリルリンチも資本注入で調整

「メリルリンチも資本注入で調整」

米金融機関の資本注入が相次ぐ中、メリルリンチもシンガポール政府系ファンドから最大50億ドルの資本注入で調整(=ロイター通信)。

サブプライム関連での損失を、中東やシンガポールのファンドからの資本注入でしのぐケースが相次いでいます。


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
  ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
  ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
  日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
  メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
  NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
  ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
  東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
  世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
  元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
  お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


★まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


[ 2007/12/23 20:34 ] マネー | TB(0) | CM(0)

ヘッジファンド購入時の注意点は・・

「ヘッジファンド購入時の注意点」

in picture 011

◇ヘッジファンド選択は、FRBの政策を参考に

ヘッジファンドの選択は、直近の過去ではなく、数年先がどうであるかを考えなければなりません。数年先がどのような状況であるかは、FRBの金融政策である程度考えることができます。

現状は、景気の上昇にあわせて、これまで引き上げてきた金利を反転させている時期で、今後数年間は、景気後退に強いタイプの選択が得策と思われます。
例えば、1998年とか、2001年とか、過去の大変な時期のファンドの実績がどうであったのか? という視点が大切です。

◇「運用規模が大きいファンドはパフォーマンスが上がらない」?

様々な俗説と距離を置くことも必要です。例えば、「運用規模が大きいファンドはパフォーマンスが上がらない」という話がありますが、根拠はありません。
自然に考えるとわかりますが、投入資金が大きいことは、相場の方向性にプラスである場合もあり得ます。(かといって、必ずしも金額で相場を動かせるという認識ではないのですが。)
また、ヘッジファンドより運用規模が大きいものは、いくらでもあるのです。

一番重要なのは、運用規模ではなくて、そのヘッジファンドの運用能力がどうであるかということで、運用規模の大小は、ファンドの選択とは関係ありません。要は中身です。
小さくてつぶれてしまっては、元も子もないないですし、逆に運用規模が大きいものがすべて良いわけでもありません。

◇ほかにも俗説が・・・

(誤解・その1)
海外口座を開設しなければヘッジファンドに投資できないというのも、俗説です。日本の銀行から海外送金は行えるのです。
ファンド会社の口座に資金が到着しますと、海外口座から送っても日本の普通預金口座から送っても、同じお金です。送り元がどうかは、資金が着きますと、関係ないです。

(誤解・その2)
またヘッジファンド投資は、証券口座のようなものは必要なく、直接保有できます。複数直接保有でも問題ありません。
ラップ口座や、PPB口座は、非常にコストがかかりますので、このあたりへの対応は、慎重に考える必要があります。
そもそも、ヘッジファンドの保有自体、途中で特に何かをする必要はありませんので、シンプルです。

(誤解・その3)
無料サポートはどうか、という俗説もあります。
ファンドへの送金は、本人口座から、本人が直接ファンド会社の口座に対して行うのが当然で、誰かが途中に入ることは、普通ありません。
ファンド会社の口座は、海外の一流銀行である場合がほとんどです。
例えば、年会費制サービスであるとかは別としまして、単発のサポートで費用を徴収されましても、何か良いことがあるとも思えないです。日本で投信を購入しましても、購入者側が別に費用を支払う必要がないのと同じことです。

以上の俗説は、とても受けが良い?!ため、情報が氾濫しています。

私は、10年以上金融分野をカバーした元記者ですが、これだけ俗説が1人歩きしているのはちょっと異常ですね。これら俗説とは距離を置きたいです。

特に(その3)は、投資の相手は海外ファンド会社であり、サポート会社ではないのですが、そのあたりが混同されているようです。あくまでも、相手は海外のファンド会社です。

◇やはり基本は経済の基礎

ということで、様々な話にゆきましたが、結局基本は、国際経済の現状を判断し、ヘッジファンドを選択するということです。
不動産系のヘッジファンドは、2007年前半から危惧されていましたし、アメリカの景気後退が始まった後も、新興国がこのままの経済状態を維持できるとは考えにくいです。


in picture 050


◇ヘッジファンド購入時の送金の安全性について

ヘッジファンド会社の口座に資金を送金する方法は、本人の口座から、直接ファンド会社の口座(欧米の大手銀行の場合がほとんど)に送金する方式です。
このため、送金先が欧米のしっかりした銀行の場合、途中に第3者が関与することは、極めて難しいことになります。

例えば、日本の都銀から、欧米の主要銀行にファンド会社が開設している口座に直接送金する場合、第3者が途中で資金をどうにかすることは、極めて難しいです。
これは、日本国内の場合でも同じですが、都銀から都銀に振込みをした場合、途中で誰かが資金をどうにかするのは、難しいのと同じです。

一方、着金サイドをみますと、欧米の主要銀行に、ファンド会社と全く同じ名前のニセ口座を開設するのも、極めて難しいです。
日本の銀行に置き換えますと、都銀の本店に、ある有名なファンド会社と全く同じ名称のニセ口座を開設するのは、極めて難しいのと同じことです。
こうしてみますと、本人が、本人口座から、欧米の主要銀行のファンド会社の口座に直接送金する場合、問題は生じにくいことがわかります。

問題が生じやすいのは、ファンド会社の口座とは異なる名称の口座に送金する場合であり、こうした場合は、かなり慎重に対応する必要があります。
特に、欧米の銀行が有力銀行でない場合は、注意が必要です。


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。
東急田園都市線で渋谷から約10分。
元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
国により、IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)とかFAという表現もありますが、同様のジャンルといえます。
お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


★まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバータイトル

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


[ 2007/12/22 11:39 ] マネー | TB(0) | CM(0)

国の公債費残高は547兆円に、財務省原案

「平成19年度財務省原案」

in picture 036

平成19年度の財務省原案が発表されましたが、国の公債費残高は、547兆円となっています。

よく、国債の新規発行額が、25兆円余りとなった点をとりあげ、財政の健全化が進んでいるかのような見方がなされることがありますが、借金の総額がどうなっているのか、つまり公債費残高は、平成18年度(見込み)が537兆円ですので、1年間で約10兆円増加しているわけです。

ちなみに全体像は、一般会計=約83兆円、税収=約53兆円、その他収入=約4兆円、残りの不足部分を新規国債発行でまかなうという図式です。
端数の関係で、ぴったり一致はしませんが、これが25兆円余り、ということです。

 83兆円(借金返済も含む)=53兆円+4兆円+25兆円(新規借金部分)

このような状況をみますと、公債費の残高の増加に歯止めがかからなければ、財政健全化は進まないということがわかります。
方向としては、まだ財政状況は悪化しているわけです。



in picture 011

☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。
東急田園都市線で渋谷から約10分。
元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
お気軽にご相談下さい。   東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)


★まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバータイトル

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.

『資産対策の意味』 2006.12.09.

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.


にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/12/21 11:36 ] マネー | TB(0) | CM(0)

超低金利で運用難の日本の慈善基金

「超低金利で運用難しい日本の慈善基金」

先日の日経新聞の1面の企画記事に、慈善活動のための5億円の基金を設立するものの、日本の低金利で運用手段に窮している、という主旨のものをみかけました。

たしかに、年利1%を下回る金融商品でも、新聞広告に堂々と出ているような現在の日本の状況では、預金の金利などだけで基金の資金を運用するのは至難の技でしょう。

外国のプライベートバンクなどは、ポートフォリオの中の一部にヘッジファンド投資を組み込むことで、年間の運用利回りを少し高めにしているのですが、こうした手法は、プライベートバンクを利用しなくても、日本でも、資金の一部をヘッジファンドに直接投資することで可能です。

また、よく日本の金融は、欧米に比べて遅れていると言われていますが、これは本格的な慈善団体や、基金の運用についても当てはまると思います。

慈善団体でも、寄付金をもとに、オフィスの賃料やスタッフの人件費、新聞広告費に多額の費用をかけているところもあり、欧米の本格的な慈善団体とは、かなり様相が異なります。

また、財団や基金の資産運用となると、さらに欧米との開きがあり、まともになされているところは、かなり少数と思われます。

日経新聞にでていましたような、新たに基金を設立して、活動を開始しようという志の高い方の場合には、それなりの基金の資産運用がなされるよう、期待したいところです。

今後日本でも、様々な目的の基金が次々と設立され、基金の運用収益によって寄付や慈善活動を行う、というような時代が来るよう、大いに期待したいところです。


20070827131519.jpg


☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
  ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
  ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
  日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
  メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
  NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
  ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
  東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
  世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
  元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
  お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


[ 2007/12/20 15:15 ] マネー | TB(0) | CM(0)

2007年のヘッジファンド

「2007年のヘッジファンド」

in picture 016

◇米景気サイクルの進展

前半までは、ピーク近辺の米景気が危惧される状況、そして夏秋にはサブプライムローン問題が経済全般に波及、という流れでした。
このブログやメルマガ読者は、米国景気のサイクルが進み、いずれ後退局面に向かうことは、皆様の予想どおりでした。

※ご参考2007.5.5「世界経済の現状とヘッジファンド投資

現状は、実体景気の後退が進む一方で、FRBやECBなどの欧米中央銀行による流動性(マネー)の供給が開始されています。
実体景気は後退するものの、流動性が、いずれ金融市場を刺激しつつあるというのが、今の局面です。

◇2007年のヘッジファンド

米景気サイクルは、世界経済に最も大きな影響を持ちますから、こうした状況を念頭に置き、ヘッジファンドを選択するというのが、今年の戦略でした。
つまり、経済クラッシュに強いと思われるタイプを、あらかじめ選択するというわけです。

まだ、2007年10月時点までしか、実績がでていないファンドが多いですが、過去の経済クラッシュに強かったヘッジファンドや、抵抗力のあったヘッジファンドは、1割から2割のプラスとなっているものが多いです。

過去の経済クラッシュに対して、強い実績を持っていた英国商社ファンドは、今年前半の時点では、運用規模が大きいとか、運用手法が古いとか、外野から酷評されることも多かったのですが、2007年10月時点では、堅調な実績を確保しています。

※ご参考 2007.5.18「英国商社ファンドの特徴

一方、ハイリスクハイリターン型の一部のファンドで、サブプライム問題とは関係ないところで、CEOの退社騒動が起き、この騒動の結果、2割の下落に見舞わたものがありました。

◇ヘッジファンドは数年先をみる必要

ヘッジファンド投資は、申込手数料や解約手数料があるものが多いですから、少なくとも数年間の保有を前提としています。
ということは、足元の今の景気や経済状況よりも、今後数年間が、どうかということを、一番に考えることが必要です。
今年前半のように、まだ「実体景気が強いから」ということで安易な選択をしますと、あとで慌てることになります。
景気サイクルの進展によって、景気後退へと進む局面を、既に考えておかなくてはならないのです。

一方、為替の問題は、ドルとユーロを半々保有する戦略が妥当だと思われます。
ドルとユーロは相反して動くことが多いですから、両方あれば、補い合いますので、あまり心配をしなくて済むということになります。
片方に大きく投資するのは、あまり気が乗りません。



in picture 026

☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料
  ヘッジファンド投資方法の疑問を解消するメルマガです。
  ヘッジファンド購入に海外口座は不要で、購入プロセスは実はシンプル。
  日本でヘッジファンド情報が少ない理由など、元経済記者が素朴な疑問にお答えします。
  メルマガ登録は、無料です。

ブログ「堅実な投資」
  NY市場など経済の動きについて、ショートコメント。
  ご自由にご覧下さい。

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料
  東京・二子玉川のFP会社/にこたま投資コンシェルジュ
  世田谷区の二子玉川(愛称にこたま)のFP会社です。 東急田園都市線で渋谷から約10分。
  元金融担当記者の経験を生かし、NY情報(マクロ経済)も提供しています。
  お気軽にご相談下さい。         東京中小企業家同友会員

in picture 040

(東京・世田谷区 二子玉川)


★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/12/18 16:47 ] マネー | TB(0) | CM(0)

いったん和らぐクラッシュ

20070827135607.jpg

「いったん和らぐクラッシュ」

◇実体景気と金融市場

米国の実体景気という意味では、サブプライム問題は、損失を被った銀行の融資抑制による信用収縮という形で、今後大きな影響がでてくると思われます。
ただ、金融市場は、米国の金融当局の取り組みで、流動性が供給されることから、サブプライム問題の先をみて、織り込む動きもでてきます。その場合、米国の金融危機は、いったん和らぐことになります。このような状況ものとで、海外の運用者の中には、NY市場のハイテク株に注目する動きも出てきました。
米国金融当局の金融緩和によって、実体景気と金融市場のズレが、生じやすい局面です。

◇今後の米国金融市場

当面の底を通過し、落ち着く状況が予想されます。
完全にサブプライム問題が織り込まれているわけではありませんので、春先に、もう一度底をつける可能性がありますが、大統領選挙の年(2008年)は、NY市場が活況となる傾向があります。
こうした動きは、実体経済の悪化と反対の動きを示すことがあるため、わかりにくいのですが、複眼思考でみることが必要です。

◇ヘッジファンドの状況

今回の金融危機で、危機に対する個別ヘッジファンドの特性が、明らかになっています。ヘッジファンドと一口で言いましても、運用手法や金融危機に対する抵抗力は、それぞれ大きく異なります。
ヘッジファンドという1つのものがあるのではなく、バラバラな集合体のようなイメージが必要で、メディアの画一的な報道に関しましても、注意が必要です。
つまり、危機に陥るヘッジファンドが大きな問題となる中で、運用成績を上げているヘッジファンドも存在するということです。

◇銀行勢の判断

今回のサブプライム危機で、広義のサブプライム関連の金融商品に投資していた銀行などが明らかになっていますが、年間10%前後の利益を得るために、元本消失のリスクを負うというのは、ちょっと考えにくい判断です。
通常でありましたら、期待リターンがもっと高い金融商品か、あるいはリスクが限定的な金融商品でなければ、投資に見合うとは思えません。
債券に関する金融商品の中には、リスクとリターンのバランスが良くないと思えるものがあり、この点は他山の石として、銀行の判断に学ぶ必要があります。

☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消

◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
◇購入サポートは無料で受けることが可能。


☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料

ブログ「堅実な投資」

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料東京・二子玉川のFP会社

★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

[ 2007/12/08 16:51 ] マネー | TB(0) | CM(0)

円高、短期ピーク通過の可能性(12/2)

20070827135748.jpg

円高、短期ピーク通過の可能性(12/2)

◇円高の反転が急速

短期的な円高が、あれよあれよという間に反転するのは、短期的なピークを通過した際に、よくみられる現象です。
理由がわからないままに、反転するというパターンは、これまでも円高が反転する際に、しばしばみられています。

◇円高トレンド入りは、まだ早いか?

通貨は、ドル、ユーロ、円の順に強くなるパターンが多いですが、円が本格的に上昇するのは、FRBの利下げからかなりタイムラグを置いた時点が多いです。
現状は、まだ利下げが開始された直後であり、よくあるパターンが、FRBが利下げを開始しても、反対に円安が進むケースです。
市場参加者は、意味不明(タイムラグ期間中)の円安に振り回されるケースが多いです。

◇瞬間的な円高には警戒を

とはいうものの、金融は不安定な状況の下では、数日間急速な円高が進むことがあります。一時的な現象の場合が多いですが、レバレッジをかけたFXなどは、倍率を落とす必要があります。

◇FRB利下げと円安

本来、FRBの利下げは、ドル安・円高要因であるはずですが、FRBの利下げ初期に為替が反対方向に動くことが多い点を念頭に置く必要があります。
普通に考えますとドル安、という状況で、反対にドル高が進むパターンは、米国勢が投資資金をドルに戻し、ドル資産として本国に戻すなどの動きが原因とみられます。



☆ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消
fc2「海外ヘッジファンド投資入門

ご参考・ブログ過去記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
英国商社ファンドの特徴

 ◇海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
 ◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
 ◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
 ◇購入サポートは無料で受けることが可能。



☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」 毎週土曜日 登録無料

ブログ「堅実な投資」

ブログ「海外ファンド投資入門」

☆欧米系ヘッジファンド情報の無料サポート(ご相談無料東京・二子玉川のFP会社

★ブログの過去記事★

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資(07年5月5日時点)

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・(海外口座は不要)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

[ 2007/12/02 18:24 ] マネー | TB(0) | CM(0)
成城・就活塾とは・・・

放送局を新卒・中途採用など、3度合格した元・記者。

           

放送局受験や一般企業の採用試験の実用ノウハウを、アドバイス。

シンプル 2時間5000円。

詳細はこちら(特定商取引法の表示・個人情報保護指針を含む)

ブラック度は、どう判定?

東京・大阪・九州は、特に詳しいのですが、・・・

続きは、こちら

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。